瞑想音楽

*プロセス瞑想CD

瞑想のためのマントラCD集は、かつて体験したことのないような荘厳な霊的なパワーが封入されています。True Heart によるアコースティクなミュージックと、フルフィルメント瞑想創設者ボブ フィックス氏による神聖マントラの組み合わせにより、一度も瞑想をしたことがない霊性初心者であっても信じ難いほどの深い体験を得ることが可能です。マントラと音楽によって自然と深い瞑想状態へと導かれていくことでしょう。必要だと感じられるときにお聴きください。瞑想用として考案されています。運転中、仕事中の傾聴は避けてください。 目を閉じ、寛ぎます。音楽とマントラが、リスナーのために全てを行ってくれますので、ただ流れに乗って寛いでください。推奨瞑想時間は1日30分(最大)です。

CD “The Dawn of Divine Love” by Bob Fickes & True Heart

Dawn of Divine Love cd jacket-001

1, The Dawn of Divine Love (30min)
2, Opening the Heart (30min)

<ボブ フィックス氏より、CDについての解説>
                                    
私たちは、全てのユニバースのハートであり、永遠の生命の純粋なハートです。この人間のハートの内側では、私たちの生命を育む無限の愛へと結びついています。この新しいCDは、その愛を経験するためにハートを開く入り口となるのです。深い瞑想を経験するための特別な技術は全く必要ありません。必要なものは全てあなたの内側にあります。マインドのスイッチを切って、ただあなたのハートと意識を通って流れる音楽とマントラを楽しんでください。瞑想しようという努力をしないほうが、より簡単にハートが皆さんの内側にあるユニバースの愛のリズムへと開いてゆきます。

それぞれの音楽とマントラは30分です。これは瞑想を行うのに完璧な長さです。1日1回、30分だけ瞑想をしてください。そうすることで、ハートを開きあなたの人生のリズムを変えるのに必要である完全なバランスを作り出します。愛は無垢で純粋なものです。それは決して想像や思考で理解できるものではありません。愛は生命の純粋な流れです。我々のマインドだけが、このバランスを乱します。もし瞑想中に感情的になった場合は、感情をそのままにしてただ音楽とマントラのリズムの中でリラックスしてください。あなたが感じることすべてを手放し、それをユニバースへとゆだねてください。手放せば手放すほど、より多くの愛があなたを通って流れるでしょう。これはあなたが経験する中でも最も簡単な瞑想です。楽しんでください!

        ご希望の方は、お申込みフォームよりお申込みください。
         ※銀行振込み確認の後、CDを郵送にてお届けいたします。
         CDの価格(1枚2700円税込)の他に、
         送料として510円がかかります。

フルフィルメント瞑想について詳しくは、こちらにて。

12625740_738414232957111_176727226_n

*************************************

*”7つのチャクラ 〜with ソルフェジオ周波数オーバートーン〜”
                          by True Heart

この音楽は、7つのチャクラが持つそれぞれ特有のソルフェジオ周波数を、
ヨーストがオーバートーン(倍音唱法)によって歌い、それを基調とし、
作曲された曲。オーバートーンによって宇宙、真我との一体感、深い瞑想
自然と誘ってくれる。(ダウンロード購入のみ可)(携帯端末にてのダウン
ロードはできません)

43573213_l



7つのチャクラ

チャクラとは、サンスクリット語で「車輪」や「回る」を意味する言葉で、生命活動や精神をコントロールするための重要なエネルギー・センターです。
チャクラを活性化することによって、潜在能力が開花することが可能です。
人間の体には、中心線に沿ってエネルギーの中枢となる「7つのチャクラ」があります。7つのチャクラそれぞれの役割をご紹介します。

第1のチャクラ 396HZ(生命力、パワー、グラウンディング)
Chakra01.png
ムーラーダーラ・チャクラmūlādhāra-cakra)と呼ばれ、脊柱の基底にあたる会陰(肛門と性器の間)にある。「ムーラ・アーダーラ」とは「根を支えるもの」の意である。ヒンドゥー・ヨーガの伝統的なチャクラの図では、赤の四花弁をもち、地の元素を表象する黄色い四角形とヨーニ(女性器)を象徴する逆三角形が描かれている。三角形の中には蛇の姿をした女神クンダリニーが眠っている[13]
第2のチャクラ 417HZ (物欲、性エネルギー)
Chakra02.png
スワーディシュターナ・チャクラsvādhişţhāna-cakra)と呼ばれ、陰部にある。「スヴァ・アディシュターナ」は「自らの住処」を意味する。朱の六花弁を有し、水の元素のシンボルである三日月が描かれている[14]
第3のチャクラ 528HZ (感情、情緒のバランス)
Chakra03.png
マニプーラ・チャクラmaņipūra-cakra)と呼ばれ、腹部の臍のあたりにある。「マニプーラ」とは「宝珠の都市」という意味である。青い10葉の花弁をもち、火の元素を表す赤い三角形がある[15]
第4のチャクラ 639HZ (慈愛、キリスト愛)
Chakra04.png
アナーハタ・チャクラanāhata-cakra)と呼ばれ、胸にある。12葉の金色の花弁をもつ赤い蓮華として描かれ、中に六芒星がある。風の元素に関係する。「アナーハタ」とは「二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音」を指す[16]
第5のチャクラ 741HZ (自己表現、コミュニケーション)
Chakra05.png
ヴィシュッダ・チャクラviśhuddha-cakra)と呼ばれ、喉にある。くすんだ紫色をした16の花弁をもつ。虚空アーカーシャ)の元素と関係がある。「ヴィシュッダ・チャクラ」は「清浄なる輪」を意味する[17]
第6のチャクラ 852HZ (第三の目 鋭敏な感覚、霊性、知性の成熟)
Chakra06.png
アージュニャー・チャクラājñā-cakra)と呼ばれ、眉間にある。インド人はこの部位にビンディをつける。2枚の花弁の白い蓮華の形に描かれる。「アージュニャー」は「教令、教勅」を意味する。「意」(マナス)と関係がある[18]
第7のチャクラ 963HZ (宇宙・神との一体感、ワンネス)
Chakra07.png
サハスラーラsahasrāra)と呼ばれ、頭頂にある。sahasra は「千」、ara は「輻」〔や〕で、千の花弁の蓮華(千葉蓮華)で表象される。一説に千手観音の千手千眼はこのチャクラのことという。他の6チャクラとは異なり身体次元を超越しているとも考えられ[19]、チャクラのうちに数え入れられない[20]こともある。

 

瞑想音楽」への2件のフィードバック

  1. これほど美しい瞑想CDはないと思います。
    生活に取り入れてみたいです。
    楽しみにお待ちしております。

    1. 直江さん、うれしいコメントいただきどうもありがとうございます。
      ぜひ、瞑想&音楽を楽しんでくださいませ〜⭐️
      直江さんの人生がますます花開きますように〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です